優先順位と締切日がスケジュール管理のポイントです

###Site Name###

人間誰しも同じ24時間で生活をしているのに、スケジュール管理の上手な人は常に余裕を持った行動をしています。
ではどうすれば効率のいいスケジュールを組めるかというと、まず第一にすべきことはやるべき事に優先順位をつけることでしょう。


この方法自体は基本中の基本なので実践している人も多くいますが、重要なのはどのようにして優先順位を組んでいくかです。

一番に優先すべきものは、外部から締め切りが通知されているものです。

二番目は特に外部から締め切りは言われていないもの、経験上このぐらいで終わらせるべきと判断が可能なものになります。



次にすべきことは、優先順位ごとの各作業に締切日を改めて設定することです。

基本は外部の締切りがある場合でも、その締め切り数日前には作業が終わるように設定しておきましょう。



そうしておくとアクシデントに見舞われて作業が遅れても臨機応変に対応が可能になりますし、書類作成等の作業であれば誤字脱字の確認に充てることもできるためです。
ただ数か月単位で行う大きな仕事だと、スケジュールを管理しようにもひたすらその仕事をしているため設定しにくいことがあります。
そんな時は仕事にかかる日数を計算し、10日程度の間隔で中間締め切り日を設定して、中間締め切りまでにどのあたりまで作業を完了させるかを決めておくといいでしょう。

個人差はありますが、遠すぎる目標はスケジュールを雑にする要因の一つになります。

All Aboutに関するアドバイスです。

常に締め切りを意識できる範囲で目標を立てたほうが、効率のいいスケジュール管理が可能になります。