部下にスケジュール管理を任せる教育は効果がある

###Site Name###

目の前の仕事に必死になりすぎて周りが見えないような部下であっても、スケジュール管理を一任するのが良いです。
ビジネスパーソンには欠かせないスケジュール管理のスキルは、早い段階で身に付けておくに越したことはありません。
習得が遅くなれば同業他社との競争で差をつけられてしまいますから、部下が大きな失敗をしてしまっても根気強くスケジュール管理を一任することが大事です。

部下自身が把握しておくべきスケジュール情報の整理を行わせた場合、自分を律する能力が高まります。
何でもかんでも上司に任せっきりのままでスケジュールの一部だけを把握しているようでは、いつまで経っても他力本願的な考えからの脱却が図れません。ときには与えられた仕事によって他のことが考えられなくなり、大切な顧客との約束を忘れてしまう事態が発生することは考えられます。



多かれ少なかれ企業にとっては損害が発生しますが、それよりも部下が育つ良い機会であると捉えるべきです。

ビジネスジャーナルの情報サイトが便利です。

大きな失敗をしてしまったことにより所属している組織に迷惑をかけてしまった経験を持つと、二度と同じ失敗を繰り返さないように対策を講じ始めます。



有能な部下であれば、上司の予定も把握させて逐一助言を求めるようにすると効果的です。

あえて難易度の高い業務を任せることによって、一段と優秀さが磨かれます。

また、部下からの助言を取り入れることによって上司も新たな発見を得て成長できる機会となります。